くらしとバイオプラザ21ロゴ
  • リンク集
  • 遺伝子組換え技術をご理解いただくために
           平成20-21年度科学技術振興調整費「遺伝子組換え技術の国民理解に関する研究」報告

     遺伝子組換え作物・食品は、食用油の原料、家畜飼料などとして、私たちの食生活と密接に関係し利用されています。しかし、遺伝子組換え技術への理解はなかなか進まず、日本で生まれた優れた研究成果を活かすことができない環境です。このような状況にあって、よりこの技術を理解していただくための調査・研究をいたしました。
     研究メンバーは、筑波大学、東京大学、大阪学院大学、くらしとバイオプラザ21の研究者でした。

     本研究では、国内外の遺伝子組換え作物・食品に対する市民の捉え方、理解を進めるために行われている海外の事例、日本の教育にどのようにとりいれるか、研究者、生産者、流通などの関係者はどのように考えているか、不安を感じる理由などを、科学・技術だけでなく心理学の分野からも検討しました。

     くらしとバイオプラザ21は、コミュニケーション活動の手法の研究を行いました。
     以下から、報告書(概要)、くらしと情報セミナー・コミュニケーション活動(動画)を見ることができます。
    どうぞご活用ください。

    公開資料


    コミュニケーション活動の動画(この下のリンクをクリックすると動画をご覧いただけます)
    (フラッシュ動画なので携帯端末のサファリは対応しません。)

    概要

     
      GMO内外動向に関する調査
      (サブテーマ1)
     GMO内外研究動向および理解
     増進施策の調査
    ・担当機関 筑波大学
     
    <4つのアプローチ> 矢印下    
      GMO教育に関する調査
     (サブテーマ2)
     GMO教育の現状と課題の調査
    ・担当機関 筑波大学
     
     GMOのステークホルダー分析
    (サブテーマ3)
    多様なステークホルダーの構造分析と事例研究
    ・担当機関 東京大学
        ×    
     GMO社会受容の心理要因分析
    (サブテーマ4)
    GMO受容の心理要因分析と
     GMOリスクリテラシー研究
    ・担当機関 大阪学院大学
     
     GMOの理解増進手法の開発
    (サブテーマ5)
    既存手法の評価と新しい手法
     の提案・評価
    ・担当機関 くらしとバイオプラザ21
      矢印下  
     
    GMO理解増進に資する政策提言
    (サブテーマ6)
    政策提言をまとめる
    ・担当機関 筑波大学
     
        矢印下白    
     
             期待される成果
    (1)GMO理解増進のための具体的施策の提示
    (2) GMO理解増進の促進
     
    copyright © 2015 NPO法人くらしとバイオプラザ21